映画

映画『クーリエ:最高機密の運び屋』(カンバーバッチ×スパイ×冷戦)

ベネディクト・カンバーバッチ主演映画『クーリエ:最高機密の運び屋』を観ました。ライトなベネファンとしては観なければ。監督はドミニク・クック。舞台の監督が多いそうです。 あらすじ 米ソの冷戦下、MI6はロシアから機密情報を運搬で...
映画

『ブラッククランズマン』/恐ろしい人種差別事件を皮肉とユーモアで描く

『ブラッククランズマン』(『BlacKkKlansman』)を観ました。監督・脚本はスパイク・リー。アフリカ系アメリカ人への差別や社会問題を扱う作品で知られ、『マルコムX』などの監督で有名です。近年の作品は評価が低迷していましたが、今作で...
映画

映画・ドラマで描かれる「男らしい」ナイスガイの問題(BBC記事)

BBCで、これまで映画・ドラマで「男らしさ」を提示してきた弊害について面白い記事があった。 映画やテレビにおいて、悪役描写でありふれているのは、一目見て脅威だとわかる存在。『エルム街の悪魔』のフレディ、007の最新作『No ...
英語学習Tips

TED: 運動は脳に必要不可欠(アンデシュ・ハンセン)

この記事は、以下の英語学習(シャドーイング)用のTEDまとめ記事の続きです。 昨年発売された書籍『スマホ脳』が話題になっている著者アンデシュ・ハンセン氏。日本での売上は40万部を突破したようです。ハンセン氏はスウェーデン...
英語学習Tips

TED: 独創的な人の驚くべき習慣(アダム・グラント)

先日、アメリカの心理学者アダム・グラント氏(Adam Grant)のTED動画が面白かったので、概要を書いていきます。下の動画でグラント氏は、「オリジナルな人」とはどんな人か、実験結果と自身の体験を混ぜながら話されてます。 グラント...
読書

言語優位?視覚優位?認知特性の違い

人には視覚、聴覚、言語、それぞれ得意な認知特性があります。同じことを見聞きしても、生来得意な方法で理解し、表現します。すでに有名な本ですが、「医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン (光文社新書)」で解説されてい...
英語学習Tips

英語シャドーイングにおすすめTEDスピーチ(TOEICリスニング86%から99%に上がった勉強法)

英語学習にはシャドーイングが効果的だと言われています。この記事では、シャドーイングの教材としておすすめしたいTEDスピーチをご紹介します。 プロフィールにも書いていますが、私はTEDと海外ドラマを見続けて2-3ヶ月でTOEICのリス...
英語学習Tips

英語学習におすすめNetflix同時字幕機能(多言語にも使える!)

英語学習におすすめNetflixプラグイン この記事では、Google Chrome拡張機能の「Netflix同時字幕で英語翻訳」と「Language Learning with Netflix」をご紹介します。 Netfli...
英語学習Tips

中国、親たちの教育熱を収めようと躍起/小学1、2年生へのペーパーテスト実施を禁止

中国政府の年小学生への教育熱の制限を図る策が、最近ニュースになっています。下の記事の翻訳(意訳)です。 概要 中国政府は、子を持つ国内の親たちに対して、子どもに休憩と運動の適度な時間を確保し、ネットを使わせすぎないよう...
映画

映画『寝ても覚めても』/よくいる和製のふわふわした女の子の成長譚

東出昌大さん、唐田えりかさんが出演する『寝ても覚めても』を観ました。ゴシップのイメージがついてしまった本作ですが、独特な雰囲気ですごーくよかったです。監督は2021年カンヌ映画祭に出品された『ドライブ・マイ・カー』で日本人初の脚本賞を受賞...
読書

なぜ創造する?モチベーションのタイプと特徴

なぜ人は絵を描いたり文章を書いたりするのだろう?と気になり調べていたらこの「クリエイターになりたい!」(原題:Whats' Your Creative Type? /ミータ・ワグナー著)に出会いました。 邦題はちょっとダサいですが、...
英語学習記録(時事、映画関連)

洋書The Boy in the Dress(David Walliams)|男の子がドレスを着てもいい!

児童書の『The Boy in the Dress』(ドレスを着た男の子)を読みました。作者は英国のデヴィッド・ウォリアムス。 簡単なあらすじ:フットボールが得意な主人公デニスは、父親と兄ジョンの3人暮らし。母親は家を出て行ってしま...
読書

『DUSTBIN BABY』(ジャクリーン・ウィルソン)感想

最近児童文学のよさに気づきました!児童文学には、家族や大事な人たちへの純粋な気持ちが描かれていることが多いので感動します。扁桃体が弱って涙腺のコントロールが効いていないのかもしれませんが。 この前読んだのは、英国の作家ジャクリーン・...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました