中国、親たちの教育熱を収めようと躍起/小学1、2年生へのペーパーテスト実施を禁止

school英語学習Tips
英語学習Tips英語学習記録(時事、映画関連)

中国政府の年小学生への教育熱の制限を図る策が、最近ニュースになっています。下の記事の翻訳(意訳)です。

China seeks to lift homework pressures on schoolchildren
A new law urges parents to allow children time for rest and exercise, and restrict time spent online.

概要

中国政府は、子を持つ国内の親たちに対して、子どもに休憩と運動の適度な時間を確保し、ネットを使わせすぎないようにするように要請した。

8月には、身体、精神面の健康が害されるという理由で、6歳と7歳の子どもに筆記テストの受験を禁じている。(※1)また、昨年には子どもたちのネット中毒およびコンテンツ中毒を軽減させるための施策を導入した。

ここ最近の施策は10月23日(土)に全国人民代表大会常務委員会を通過。詳細は明らかになっていないが、メディアによると、親に子どものモラルや知的成長、社会習慣を育ませるように働きかける施策の模様。地方当局が「課外活動を強化する」ための財政的支援を提供するなどの実施責任を担っている。

ソーシャルメディアWeiboではこの法律に対する様々な受け止め方が見られる。よい子育てへの流れを賞賛する者もいれば、地方自治体や親自身がその務めを課されていることに疑問を抱く者もいる。

サウスチャイナモーニングポストでは「私は996(※2)で働いている(週6日の午前9時から午後9時までの労働)が、夜帰宅してもまだ家族教育をする必要があるのか?」との読者の声が紹介された。「労働者を搾取してはならないし、子どもに強制することも要求できない」とも述べている。

7月に北京政府は、オンライン教育会社が主要科目を教えることで利益を得ることを不可能にした。新しいガイドラインでは、教育業界で外資を制限し、約1200億ドルの資産を持つ個人教師セクターを混乱させた。当時そうした動きは、中国が過去最低の出生率を記録したあとで、当局が子育てにかかる財政難を和らげるためと見られた。教育の不平等も問題で、裕福な親は子どもがトップの学校に行けるように巨額の金を投じている。

上記記事の詳しい背景はこちらも参照。(ダイヤモンド・オンラインの2021年8月6日の記事)

中国の親たちの教育熱は止められない!政府の学習塾規制は徒労に終わるか
中国政府は、義務教育を受ける小中学生を対象にした学習塾の規制に乗り出した。しかし、最高の教育を与えたいとする中国の親たちの願望は、いまさら習近平政権がジタバタしたところで変わりようがないのではないか。

教育熱が過熱する背景には、大卒でないと有名大手企業に入れる道はなく、中小企業への信頼があまりないからである。ちなみに、「外資の参入制限」は英語教育とセットで「西欧の価値観」が流入するのを止めたいという思惑もあるそうだ。

同記事によると、中国共産党と国務院が発表した「義務教育における生徒の宿題負担と学外学習の負担の軽減についての意見」からは下記が読み取れる。

(1)学習塾の新規開業は許可しない。既存の塾については非営利団体として登記され、オンライン授業を手掛ける学習塾は許可制となる。
(2)すべての学習塾は上場による資金調達はできない。外資が合併や買収などを通じて学習塾に参入することは許可されない。
(3)教科指導分野以外の機関が教科指導を行うことや、海外の教育プログラムを提供することを禁止する。
(4)学習塾は国の法定休日、休憩日、および冬と夏の休暇を使って指導してはならない。
(5)学費の基準額は政府が定める。

(『ダイヤモンド・オンライン』2021.8.6)

日本でも都心では受験競争は子どもが幼少期の頃から過熱しているが中国ほどではなさそう。
中国政府がいくら帰省しても、我が子を優秀な大学に入れるために親や塾業界は抜け道を探ると思われる。結局、政府と教育業界のイタチごっこになるだろう。中国の友人で毎日子どもに習い事をさせていると嘆いていたのを思い出す。

(※1)
https://www.bbc.com/news/world-asia-china-58380792
中国人民共和国教育部は身体および精神的健康を害するとして、学期ごとに何回かの試験は実施するに制限。小学1、2年生はペーパーテストをする必要はないし、他の学年は期末試験は許される。中学校は中間テストの実施は可。

(※2)
中国には、996工作制があり、一部の企業では毎日午前9時に出勤し、毎日午後9時に退勤し、週6日働くことが奨励されている。

参考文献

姫田小夏. 2021. 中国の親たちの教育熱は止められない!政府の学習塾規制は徒労に終わるか. ダイヤモンド・オンライン(https://diamond.jp/articles/-/278584, 2021.10.26)

スポンサーリンク
えりをフォローする
ナマケモノのメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました