映画「フランシス・ハ」感想

frances映画
amazon
映画

現在Netflix配信中(2021/8時点)の映画「フランシス・ハ」。監督はノア・バームバック。「イカとクジラ」「ヤング・アダルト・ニューヨーク」「マリッジ・ストーリー」などを監督しています。

主演はグレタ・カーヴィグ。「レディ・バード」や「ストーリー・オブ・マイライフ」の監督で有名ですが、女優としても活動しています。初めて知りましたが、バームバック監督の奥さんなんですね〜。共演はスターウォーズシリーズのアダム・ドライバーなど。

この映画はモノクロ映画で、落ち着いた雰囲気がよいです。ニューヨークやバレエシーンのモノクロが素敵です。視覚からの情報量が少ないからかガチャガチャしていない印象を受けました。光と影が強調されて綺麗!

あらすじ

27歳のフランシスはプロのダンサーを夢見て、ニューヨークのダンスカンパニーに実習生として所属している。ソフィーという親友の女性とルームシェアをしているが彼女は現実的な性格。彼女はあっさり同棲を解消し、結婚もするという。家をなくしたフランシスは男友達の家に住まわせてもらうが、ダンスカンパニーからもダンサーを諦めるようにと諭される。

感想
フランシスは純粋でちょっとどんくさい。友人と食事に行って威勢よく奢ろうとしたのに、クレジットカードが使えずに、現金をおろしに急いで、あざや傷をつけて帰ってくるような子。ドタバタしてて色気がなく、男性からは、美人だけどモテない(Undatable)と何度も言われています。

この27歳という年齢がリアルです。若くはないが、歳とってもいる、というほどでもありません。でも、いい加減道を決めないといけない年頃。仕事、結婚…と、友人たちとも道が分かれてくる頃です。同年代としての悩みや共感するところがありました!

ダンスの才能がないと言われているのに諦めきれないフランシス。こんなに情熱を傾けられるものがあるのは羨ましいけどひやひや。 ラストは丸く収まってハッピー。実際は前途多難な気がするけど、これで救いがなかったから悲しいのでこういう終わり方でよかったです。

友人役のアダム・ドライバーの低い声がいい声〜。スターウォーズの時はあまり彼の魅力がわからなかったのですが、『マリッジ・ストーリー』でよさに気づきました。


20代女性におすすめ度:★

スポンサーリンク
えりをフォローする
ナマケモノのメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました