『彼女が好きなものは』

kanozyoga映画
(C)『彼女が好きなものは』
映画

『彼女が好きなものは』を観ました。

山田杏奈ちゃんがかわいい!気になっていた女優なのでスクリーンで観れてよかったです。あどけないお顔がかわいいです。

スポンサーリンク

あらすじ(ネタバレ注意)

主人公の安藤純(神尾楓珠)は、男性が恋愛対象で年上の誠という恋人がいる。ある日、クラスの女子の三浦紗枝(山田杏奈)がBL漫画を買おうとしているところに鉢合わせする。紗枝のBL好きを内緒にすると約束した2人は、徐々に仲良くなるが、もちろん純は自分のセクシュアリティは教えずにいる。紗枝から告白された純は、普通の恋愛をして普通の家庭を築くきっかけになるのではと思い、付き合うことにするが……

BL好きな女子高生が好きになった男性はゲイでした、という設定や原作『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』(浅原ナオト著)の題名からしてキャッチーな雰囲気ですが、真面目な話であります。

同性愛者が辿りうる道を複数の登場人物が表していました。
純の相手役の誠(今井翼)は同性愛者ですが、世間むけには妻子があり、外で純と恋愛関係になっています。(タキツバの翼さん、、のちに劇中でおっさんと言われる)

ツイッターで連絡を取っていた謎の男性は、アメリカに行くと言いましたが、それは嘘で実は自殺をしていました。

純も誠のように「普通」の家庭を築きたいと考え、女子と付き合いますが、うまくいきません。そして、同級生にゲイであることをバラされ、学校から飛び降ります。

純は、街中で家族連れがよく目につきます。何度も普通の家庭を築きたい、母親を安心させたいと言います。えー、私は高校生の時に普通の家庭を築きたいとか、将来の計画はまったく考えませんでしたが……。純は自分の周りとの違いを早くから意識せざるを得ず、早熟になったのかもしれません。

純が学校の窓から飛び降りた後、クラス全員が同性愛について話し合いますが、「世界がいま多様性の時代だから〜」とか「認めてあげるべき」とか、人ごとのように取りつくろった発言が飛び交います。

私自身も当事者でないし、そんな私がこの映画を語ることが他人事となる入れ子状態ですが。まだ十代半ばで学校という均質な環境にいた学生がこういった議論を消化することは難しいだろうと思います。

クラスのオラオラ系の小野がやった、みんなの前で純が同性愛者であることを公表するのは、数年前にも事件となったアウティングですよね。純が自分のセクシュアリティを秘密にしていたと腹を立てたがゆえの行動で、その後も「隠れないでもっと堂々としろよ」と言い放ちましたが、堂々と公にした場合に周りから危害を加えられる可能性がある中で、想像力をはたらかせる必要があるだろうなあと思います。お前も俺と同じように普通に振る舞えよ、というのは往々にして強者側の理論です。

純は、物理の問題の「ただし、摩擦=0とする」をなぞり、常日頃、自分の周りとの摩擦0にするために客観的に、他者に深く入り込まないように接してきました。でも同性愛者だとわかった後も、紗枝や幼なじみの亮平(前田旺志郎)が違いを認識した上で個人として接してくる姿を見て、凍りついた心が次第に溶けていきます。

目の前の相手を属性でくくるのではなく、内面を理解しようよというメッセージがあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
えりをフォローする
ナマケモノのメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました