Netflixなどのストリーミング業界の活況によるCO2排出量への影響

netflix英語学習Tips
英語学習Tips英語学習記録(時事、映画関連)

10月29日付ガーディアン紙の、映像ストリーミング需要増加による隠れた環境負荷を論じた記事の抄訳です。

Streaming’s dirty secret: how viewing Netflix top 10 creates vast quantity of CO2
Explosion in popularity of shows on Disney+ to YouTube raises question of impact on planet

映像ストリーミングに要する巨大データセンターを稼働しwifiやブロードバンドで伝送するまでのあらゆる活動は、電力を必要とする。Netflixの月の世界トップ10作品を視聴することで発生するカーボンフットプリント(温室効果ガス排出量)は、土星より遠くへ自動車を運転するのと同量である。

Youtubeによる毎年の二酸化炭素排出量は、スコットランドのグラスゴーからの排出量をはるかに超える。

環境活動家たちは多くのCO2を排出する部門―航空、自動車、食料品―に注目しているが、Disney+やNetflixのサービスの需要の急増は、ストリーミングブームが地球にとっていかに良くないかという問題を提起している。

映像をストリーミングするために、巨大データセンターを稼働しwifiやブロードバンドで伝送する一環の活動は電力を使用する。その大部分は温室効果ガスの排出によって生み出される。

不思議なことに、環境へのインパクトはストリーミング業界では極めて最近の話である。人々はストリーミングやゲームの需要増加によるインターネット通信のボトルネックを問題にするばかりだが、キャパシティは十分にあり、実際は電力需要の増加の話なのだ。

Netflixは1人のユーザーが1時間ストリーミングすることで、CO2は100g排出されると予測する。カーボントラストによると、ヨーロッパでの平均は55g-56gで、300メートルを自動車で運転するのと同等である。

Netflixは最近、世界的ヒット作品を全ての時間視聴した場合の珍しい見通しを発表した。

報告によると、『イカゲーム』『ストレンジャー・シングス』『ペーパー・ハウス』『ブリジャートン』などのトップ10作品がリリースされた最初の28日で、ファンは60億時間以上視聴したとのこと。
これは18億キロメートルを車で移動したのと同じで、およそ地球から土星の間と等しい距離である。

ブリストル大学の研究者の報告によると、Youtubeの場合は、2016年の推測に基づくと1年で11メガトン以上のCO2の排出。グラスゴーもしくはフランクフルトの大きさの都市と等しい。その年はYoutubeは14億人のユーザーを擁し、今や24億人の世界中のユーザーを擁していることを考えると、さらにCO2排出は大きくなっているだろう。

今年はじめ、Netflixは2022年末までに温室効果ガスの排出量をゼロにすると発表した。

しかし、ブリストル大学のシーンは、「ネットワーク容量の需要が年平均で50%増加しているのは避けられず、二酸化炭素排出量と直接相関しているわけではない」と述べる。「ネットワークやデータセンターの効率性は毎年20%強改善しており、増加分のいくらかを相殺している」

「ほとんどの温室効果ガス排出量はどんどんサイズが大きくなっている家庭用テレビである。テレビによる排出量は、通常の番組を見ようがストリーミングを見ようが変わらない。通常の番組の方がずっと見られている」

イギリスの通信業界の規制機関オフコムは、昨年の合計ビデオ消費量は国民が家から出られなかったので、1日50分から4時間40分に上がったと推測した。リアルタイムの番組視聴はその60%に当たる。

Netflixなどのサブスクリプションのストリーミングサービスを利用する時間は、30分から50分に上昇したが、長時間の視聴による排出量全体への割合は小さい。

シーンは、イギリスの温室効果ガス排出量に貢献する観点では、ストリーミングおよびテレビ業界は取るに足らないと指摘する。エネルギーや交通、食料を我々はもっとも考えるべきと述べる。「気にかける必要はないというのではなく、1時間のストリーミングよりも無邪気に牛乳をかけて食べるシリアルの方が温室効果ガス排出量が多い」

*******
言われてみればネットを使えば使うほど、電力も使われるのは当然です。コロナ禍は人が動かなかった分(移動が減った)でストリーミングなどネットサービスを使うことによる電力消費が増えました。ただ家でストリーミング視聴しているだけでは実感しづらいですが、環境に負荷を与えているんですよというのが記事の主張でしょうか。しかし後半は、教授に産業からの排出を減らす方が大事と言われています。

スポンサーリンク
えりをフォローする
ナマケモノのメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました