To blazes の意味(”Charlie and the Chocolate Factory”から)

Englishkey英語学習記録(時事、映画関連)
英語学習記録(時事、映画関連)

ガム大好きな女の子ヴァイオレットが、チョコレート工場主ウォンカに、開発中の三食の味がするガムを食べたいとねだるシーン。

‘I want the gum!’ Violet said obstinately. ‘What’s so silly?’ ‘I would rather you didn’t take it,’ Mr Wonka told her gently. ‘You see, I haven’t got it quite right yet. There are still one or two things …’ ‘Oh, to blazes with that!’ said Violet, and suddenly, before Mr Wonka could stop her, she shot out a fat hand and grabbed the stick of gum out of the little drawer and popped it into her mouth. At once, her huge, well-trained jaws started chewing away on it like a pair of tongs. ‘Don’t!’ said Mr Wonka.

Dahl, Roald. Charlie and the Chocolate Factory (Charlie Bucket Series) (p.91). Penguin Books Ltd. Kindle 版.

“To blazes with that” だけだと検索にヒットしなかったのですが、”Go to blazes!” だと、”Go to Hell!”らしい。さすがにウォンカに対して「くたばれ」とか、そこまで言わないか。

“with that”がついているので、直前のウォンカの「(新しいガムは)あと1つか2つ直すところがある」といった発言を指すんでしょうか。
ヴァイオレットは、そんな小さいこと、みみっちいことはちくしょうだ!くらいでしょうか。

ヴァイオレット、口悪すぎる^^;


blaze自体は大学受験レベルですかね。主な意味は以下。

  • (激しい)炎、火炎、火事。(単形)
  • 閃光(単)。 (銃の)連発の意味もあり。(単) 例:a blaze of rifle fire
  • 地獄(俗語)の意だとblazesになって、複数形。
  • [the blazes] 強意もあり。例:What the blazes do you mean?

ロアルド・ダール著”Charlie and the Chocolate Factory“の紹介はこちらのページ

スポンサーリンク
えりをフォローする
ナマケモノのメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました